Category: スポンサー広告  

Response: -  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tags:

Category: Little Hongdae Cafe 本編  

Response: Comment: 0    

第25回 主役を食ったフィーチャリング特集

Little Hongdae Cafeへようこそ~!

第25回目の特集は、主役を食ったフィーチャリングです!!!
こんな失礼な特集を組むのはこの番組くらいじゃないでしょうか?(笑)
ラッパー本人の耳に届かないことを祈るばかりです(笑)

うまいとか下手だとかいう話ではなく、
その曲によって合ってるかどうかという問題もあるので、
同じラッパーが食ったり食われたりしているところに注目しながら聴いてみてください。

Check it out!!!!!







pointicon.png

<主役を食ったフィーチャリング特集>
MC Meta(MCメタ)Naachal(ナーチャル)からなるGarion(ガリオン)は17年のキャリアを持つが、これまで出した作品はフルアルバム2枚、ミニアルバム1枚のみ
● アルバム『Garion2』に収録されている『영순위(ゼロ順位)』では、Soul Dive(ソウルダイブ)のリーダーであるNuck(ノック)がGarionを食った
Leessang(リッサン)のメンバーであるGill(ギル)は『Show Me The Money 5』のプロデューサーとして最近芸能界に復帰を果たした
● Leessangというチーム名は、メンバーのGary(ゲリ)の「リ」と、Gillのあだ名である「ギリ」の「リ」に、「双」という意味の「쌍(ッサン)」を合わせたもの。
● アルバム『Leessang of Honey Family』に収録されている『Yes OK』では、Leessangが発掘して育てたDouble K(ダブルケイ)に食われた
Paloalto(パロアルト)が最近リリースした新曲『Fancy』では、新鋭R&BシンガーのDΞΔN(ディーン)が全部持っていった
● DΞΔNのアルバム『130 mood : TRBL』にSUILが絶賛ハマリ中
● Amoeba Culture所属のYankie(ヤンキー)は韓国有数の大富豪。レーベルメイトのCrush(クラッシュ)は母方のいとこにあたる(※トーク内でDynamic DuoのChoizaといとこという話が出るが、ChoizaのいとこはYankieのTBNY時代の元相方であるTopBob)
● Yankieのアルバム『Lost In Memories』に収録されている『Love』という曲ではPaloaltoが食った





tracklisticon.png

Garion - 영순위 (ゼロ順位) (Feat. Nuck)
Amazon

Leessang - Yes OK (Feat. Double K)
Amazon

Paloalto - Fancy (Feat. DΞΔN & Sway D)
iTunes

↑ SAKIKOが日本語訳に携わった字幕付きです。字幕の設定方法が分からない方は、こちらをご覧ください


Yankie - Love (Feat. Crucial Star & Paloalto)
iTunes | Amazon
関連記事

Tags: Paloalto  DEAN  CrucialStar  Nuck  Garion  Leessang  DounleK  SwayD  
Comments

番組紹介

Little Hongdae Cafe

[毎月第2・第4土曜日 17:00 配信]
ネットラジオ番組『Little Hongdae Cafe (リトルホンデカフェ)』は、K-HIPHOP発祥の街 “ホンデ” にあるカフェでゆるーく語り合うイメージで、K-HIPHOPの話題を中心にお届けするリスナー参加型の音楽トーク番組です。

※過去放送の一覧は [こちら]

Hosted by SAKIKO & SUIL
Directed by ToM
Music by JA, MOSS

 

サイト内検索
メッセージ

NAME:
E-MAIL:
TITLE:
MASSAGE:

関連サイト
メンバープロフィール
SAKIKO
BLOOMINT MUSICの運営者。日韓アーティストのコラボのお手伝いやK-HIPHOPの来日ライブを数多く手掛ける。音楽ブログ『ヴィヴィアンの音楽ヲタブロ。』の管理人。
Twitter: @sakikovivi

SUIL
韓国ヒップホップのスパイ活動担当。AOMGのDJ Wegunに師事し、今でもたまにクラブパーティーでDJプレイをしている東京住みの韓国人。
Twitter: @fluxusflux

ToM
番組編集担当。民放TV/FMラジオ局などで番組制作を経験したのち渡韓。現在はK-HIPHOPのプロデュースなどを手がけるDJ/トラックメイカー。
Twitter: @ToMsJookJoint

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。